奇跡の給食

2018年10月14日
川崎 献一師
マルコによる福音書6:30~44

約2000年前の聖書時代は、今の日本より生活レベルはかなり低かったことでしょう。そんな中でイエス様の弟子達は使徒として、神の教えを伝え病の癒しを方々の場所で行ってきました。イエス様への報告義務も行い、弟子たちは食事も出来ない忙しさだったので、人里離れた場所へ行くようにイエス様に言われました。と同時にイエス様と弟子達に対する「追っかけ」の人々がいました。その数は10人、20人ではありません。男だけで5000人と44節にあります。男性中心の社会だったので、大人の男のみを対象に数えたようです、更に、女、子どもを入れると1万人以上はいた筈です。イエス様も疲れておられたでしょうが、この人達を無視できませんでした。「飼い主のいない羊」なら「私が飼い主になろう」と思われたのでしょう。憐みの心で、更に教え始められました。イエス様の教えも大事ですが、群衆は空腹です。そこで35節、弟子たちがイエス様に切り出しました。教えは充分、話されたので、解散させて各々が食事をとればいいという弟子たちの本音には「早く、この場から解放されて自分たちも何か食べたい」とも読み取れます。37節のイエス様の御言葉に弟子達は驚きます。弟子達には、お金はありません。200デナリオンとは分かりやすく現代の日本円に換算すると200万円位でしょう。イエス様は、今まで様々な奇跡をされましたが、食べ物が増えるなんて奇跡は弟子達も考えていなかった筈です。  38節、イエス様は現状を確認されます。パンが全然ないわけでもないだろうと思われたのか、確かに0ではありませんでしたがが、パン5つと魚二匹です。これでは無いに等しい数字です。

続きを読む

殉教

2018年10月07日
川崎 献一師
マルコによる福音書6:14~29

毎年、10月第一主日は「世界宣教の日」そして「世界聖餐日」です。イスラエルで発生したキリスト教ですが、初代教会の伝道者が神に用いられて、まず周辺の国々へ福音が伝わっていきます。イエス様の12弟子で一番、遠い国へ遣わされたのはトマスです。インドで殉教しています。殉教とは狭い意味では、福音伝道をしていたら迫害を受けて殺されることです。何よりも十字架で死なれたイエス様の似姿として霊的には光栄なことです。イエス様の血は、全世界、全時代、全人類のために流されました。それで、年に一度同じ日に世界共通の聖餐日が設定されたのです。広い意味では別に誰かに殺されなくても殉教は有り得ます。今の日本では、信教の自由が保証されキリスト教への迫害もありませんから、最期まで信仰を貫いて神を証し、死ぬことを召天 として受け入れるならば それも殉教でしょう。

続きを読む

宣教の目的

2018年09月30日
川崎 献一師
マルコによる福音書6:6b~13

先週のテキストの続きですが、イエス様は帰郷されても家族、親族はイエス様に対して不信仰でした。それで、付近の村を巡り歩かれるイエス様が、弟子たちを各地に遣わすことにされたのです。この2人組の方法は何故でしょう。1人では心細くなる弱さを配慮して、2人いれば祈り合って迫害などの困難も乗り切れるからとも言えます。

続きを読む

家族伝道

2018年09月23日
川崎 献一師
マルコによる福音書6:1~6a

イエス様にも家族はありました。家族にも二重性があります。究極的には父なる神と神の子イエスは親子として現わされます。それは霊的な意味のため、その真理を信じられない人も多くいます。霊的という言葉自体が分かりにくいのでしょうが、聖霊を受けた人のみ悟らされます。もう一つの分かりやすい家族のことが本日のテキストにある肉の家族です。人間イエスとしてはガリラヤ地方のナザレが故郷です。生まれた場所はベツレヘムですが、育たれた地がナザレだったのです。私達の中にも、生まれた土地と育った土地が違う人もいます。

続きを読む

120歳のモーセ

2018年09月16日
川崎 献一師
申命記34章

本日は、敬老感謝礼拝です。毎週の講解説教はお休みにします。日本は高齢化社会と呼ばれて久しいものがあります。上町教会では2年前から敬老対象者を75歳以上としました。それまでは70歳以上でしたが、今後は80歳以上、更には85歳以上とされる時代がくるかも知れません。75歳は創世記のアブラハムが神から召命を受けた年です。そして、80歳はモーセが召命を受けました。

続きを読む

コンテンツ

お知らせ