異邦人の信仰

2018 年11 月25日
川崎 献一師
マルコによる福音書7:24~30

神の時が来たら、イエス様は逃げ隠れせず、堂々と十字架に向かわれますが、まだ神の時は来ていません。その時はイエス様の弟子たちにも知らされておらず、イエス様のみが特別に神から教えられている時です。人として生まれたイエス様は、疲れておられました。罪深い地上は、イエス様が長くおられる所ではありません。イエス様の本来の居場所は清い天国だからです。イエス様は、孤独を好まれました。御一人になって父なる神との交わりに集中したいため、御自分の居場所を誰にも知られたくなかったのです。イエス様は、弟子たちからは尊敬され、群衆からの人気もあります。イエス様も全ての人を愛しておられますが、人には罪があるためイエス様の御心と人々の心は一致しません。心が通じ合わない人間関係は、疲れるものです。私達も出来るだけ多くの人と心を通わせ仲良くしたいと思っていても、現実は違います。本音と建前を使い分けて、気を遣ったり、人の意見に妥協したり、我慢したりストレスがたまります。罪だけはないという意味でイエス様は特別な方ですが、あとは私達と同じ人間だからこそ、イエス様は事あるごとに御一人になりたいのです。祈らなくても平気な罪人ではありません。父なる神とイエス様なら100%同じ御心で常に一致するため24時間、神に祈っていたいイエス様です。

人から隠れたがるイエス様ですが、霊的なオーラがあったのか人々にすぐに気付かれました。そこに一人の異邦人の女の登場です。シリアとは現代でも紛争で有名な国ですが、当時はローマ帝国の支配下にありました。この女の信仰姿勢が本日のテーマです。すぐにイエス様に敬意を表し、足元にひれ伏しました。この方は民族を差別される方ではないと思い、確かに御利益信仰でしょうが、自分の願いを正直に話しました。27節のイエス様の答えに意外な印象を持つ人もいます。「よし、わかった。娘の所へ行こう」ではないからです。イエス様は、子供たちを養いたいと言われています。イエス様は独身で御自分には子どもはいません。この意味はイエス様に繋がっているなら神の子ども達ということです。つまり、民族的には神に選ばれたユダヤ人のことです。ユダヤ人優先に宣教され、病気の癒しも行われるのです。ユダヤ人に必要な糧をパンとしてイエス様は与えたいのです。そのパンを小犬にやってはいけないと言われています。現代日本では小犬というイメージは可愛いものですが、当時のユダヤ人にとって犬は汚れた動物でした。犬は、ゴミをあさったり、動物の死体を食べるハイエナのような存在でした。ペットとして飼う習慣もありません。嫌いな人を犬と呼ぶこともあります。多くのユダヤ人が異邦人を蔑んで呼ぶ言い方です。「小犬」と仰ったイエス様の失言でしょうか?

この女は、イエス様に見下されたと思って怒って、その場を去ったでしょうか?「イエスもファリサイ派と同じだ。私のことを小犬だって!」ではありません。28節、逆に遜って自分を小犬のような存在と認めています。「食卓の下にいる小犬として、子ども達が残したパン屑でも食べたい」という姿勢です。これは「私は確かに神の選民ユダヤ人ではありません。でも、何と言われてもいい自分の娘を癒して下さい。私にはイエス様の憐れみが必要なのです」という、食い下がるような姿勢です。実はここでも、イエス様はその人の信仰を試しておられました。もし、イエス様の一見、冷たい御言葉から諦めてしまうなら「その程度の願いだったのか?信仰とは言えないな」となっていました。でも、女の信仰はイエス様のテストを受けて合格していました。その結果が「私が、娘の所に行くこともない。娘の病気は治っているから」という答えです。病気は悪霊の働きと思われている時代です。

もし、ここで女が「まさか。娘を見ることもせず、無責任な!」とイエス様に言っていたら、治る病気も治っていないでしょう。30節、女はイエス様に従って、つまり信仰を持って家に帰ってみました。ここで、もし娘が悪霊に取りつかれたままであったら、イエスは詐欺師であって信じなければよかったという話ですが、御言葉は勿論、真実です。確かに娘から悪霊は出て行って、病は癒されていました。

私達は、シリア・フェニキアの女の信仰を見倣うことが本日のメッセージです。イエス様を神の子と信じましょう。そして、神に試されても構わないのです。私達は、神に造られたものです。その神から離れやすい罪人です。イエス様が最期にして下さった十字架の出来事から現実をみましょう。イエス様に小犬と呼ばれても仕方ない、いやもっと酷い「罪人」と呼ばれる私達のためにイエス様は苦しまれたからです。そして、信仰のきっかけとしては御利益から始まってもいいでしょう。究極的には、キリスト教も御利益信仰です。罪が赦されて、永遠の命が与えられるという意味では、こんなに素晴らしい御利益も他にはありません。

コンテンツ

お知らせ