救いの神様

2018年12月23日
川崎 献一師
ルカによる福音書2:8~20

本日は、毎週9時からの教会学校はなくて、10時半からのクリスマス合同礼拝でした。子どもと大人が共にイエス様の御降誕をお祝いしました。

「みなさんは、救われたいですか?」と訊かれたら、何と答えます?救いとは何?簡単に言えば、困ったことから助けられること。病人が健康になること、飢えている人が食べられること、虐められている人は虐められなくなること、神は人が困っているのに平気な方ではありません。神の救いの方法は、色々あります。でも、一番肝心な救いの道が開かれた出来事がクリスマスです。

聖書に出てくる羊飼いも「今の自分達に何が要るのか」と考えて、最初は「他の仕事に就きたい」と思っても今更無理です。只、「今のままでは良くないので、神様何とかして下さい」という信仰(祈り)はあった筈です。そこに天使からの力強い言葉、更に天の大軍が天で神様を賛美しているのです。天使たちは一番大事なことをメッセージとして羊飼い達に伝えたら、すぐいなくなりました。神様から遣わされてきただけで、用事が済んだら天に戻ったのです。

残された羊飼いは「救い主」に会いたくなりました。この救い主は自分たちだけが喜ぶのではなく、ユダヤ人もっと言えば世界中の人が喜ぶためのお誕生だったのです。世界中の人がメリークリスマス!と言えるニュースです。その救い主の名前はイエス様ですが、まだ生まれたばかりです。飼い葉桶に寝ているので、貧乏な家です。羊飼いたちは、赤ちゃんイエス様を見ただけで満足しました。神を賛美しながら、帰りました。イエス様が大人になって何をなさったのか、十字架を見て心がハっとします。救いの神様とはイエス様が十字架に掛けられ命を神に献げることなのです。子どもの讃美歌に「ごめんね。ありがとう。イエス様」という歌詞があります。羊飼いたちも、マリアもヨセフも、そこまでは知らなかったでしょう。でも、後から分って感謝できればいいのです。神の御言葉に素直に、信じて従っていくことが大事であり、聖書こそ神様の言葉です。

コンテンツ

お知らせ