FC2ブログ

「キリストの復活」ヨハネによる福音書20章1-18節

2024年3月31日
牧師 武石晃正

 イースターおめでとうございます。イースターはキリストの復活をお祝いする日です。
 使徒信条において「葬られ、陰府にくだり、三日目に死人のうちよりよみがえり」と告白されておりますように、復活されたキリストは週の初めの日の朝にお姿を現わしました。ですからキリスト教会の多くは週の7日目の安息日ではなく週の初めの日にキリストの復活を記念して礼拝を行います。

 本日は朗読したヨハネによる福音書を中心に「キリストの復活」と題して主の死による贖いと復活の恵みとを受けましょう。


PDF版はこちら
(引用は「聖書 新共同訳」を使用)

続きを読む

2024年3月31日礼拝プログラム

2024年3月31日 復活節第1主日礼拝
司会)江口兄 奏楽)正木姉 説教)武石師


前奏 
招詞 詩篇30:12-13
讃美歌21 325「キリスト・イェスは」
主の祈り
使徒信条
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書20章1-18節 (新P209)※聖書朗読と説教 
説教 「キリストの復活」
聖歌  172「はかのなかに」
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷
後奏

聖書は「聖書 新共同訳」(©日本聖書協会)を用います。


礼拝後 イースター墓前礼拝 (於グレースヒル)

----

続きを読む

ヨハネによる福音書18章28-40節「十字架への道」

2024年3月24日
牧師 武石晃正

 宇都宮へ赴任して参りまして4度目の受難週を迎えました。主キリストが受けられた苦しみと十字架の死を覚えつつ、この4年で携わった葬りのことを思い返しておりました。
 人はいつ死ぬのか分からないので死に対する恐れを感じることもありましょう。逆にいつどのように死ぬのかを予め知っているならば、その時が迫ることへの恐れと不安によって日々の営みが手につかないということも起こるでしょう。

 御自分がどのような死を遂げるかを知った上でわたしたちの一切の罪を赦すために苦しみを受け、十字架の死に至られたイエス・キリストを仰ぎます。本日はヨハネによる福音書より「十字架への道」と題して受難週に思いを深めましょう。


PDF版はこちら
(引用は「聖書 新共同訳」を使用)

続きを読む

2024年3月24日礼拝プログラム

2024年3月24日 受難節第5主日礼拝
司会)正木姉 奏楽)石戸姉 説教)武石師


前奏 
招詞 詩篇64:11
讃美歌21 297「栄えの主イェスの」
主の祈り
使徒信条
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書18章28-40節 (新P205)※聖書朗読と説教 
説教 「十字架への道」
聖歌  402「おかにたてるあらけずりの」
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷
後奏

聖書は「聖書 新共同訳」(©日本聖書協会)を用います。



礼拝後 ホ群首都圏ユースフェスティバル
     (於東京聖書学校吉川、14:00-)


----

続きを読む

2024年3月17日礼拝プログラム

2024年3月17日 受難節第5主日礼拝
司会)國吉姉 奏楽)矢嶋姉、佐藤兄 説教)原田彰久師


前奏 
招詞 詩篇22:23-24
讃美歌21 315「茨の冠かぶせられ」
主の祈り
使徒信条
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書12章20-36節 (新P192)※聖書朗読と説教 
説教 「一粒の麦」
聖歌  298「世にあるかぎり」
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷
後奏

聖書は「聖書 新共同訳」(©日本聖書協会)を用います。



礼拝後 役員・問安使懇談(礼拝後)
    栃木地区総会(14:30-)

----

続きを読む

「香油を注がれた主」ヨハネによる福音書12章1-8節

2024年3月10日
牧師 武石晃正

 先日のある夕方にストーブの薪を運んでおりましたら、風に乗ってどこからともなくカレーの香りが漂って参りました。わざわざお勝手を拝見しなくとも、香りと経験によってカレーであるとか焼き魚であるとか実体を知ることができるものです。
 香りと申しますと、以前ある大ベテランの説教者が次のように語られました。「キリスト者の家系は4代目になってようやくキリストの香りを放つようになる。」

 統計上の話でもなければ聖書に記されているわけでもありませんが、老牧師の経験則としてあながち見当違いということもないでしょう。祖父の代からキリスト者であるわが家では甥が4代目にあたりますので、彼がいかに香るのかと主に大きく期待するところです。
 使徒パウロは「キリストを知るという知識の香り」(2コリント2:14)と記しておりまして、それは果たしていかなる香りでしょうか。本日はヨハネによる福音書より「香油を注がれた主」と題してキリストを知る知識を深めて参りましょう。


PDF版はこちら
(引用は「聖書 新共同訳」を使用)

続きを読む

2024年3月10日礼拝プログラム

2024年3月10日 受難節第4主日礼拝
司会)國吉兄 奏楽)江口兄 説教)武石師


前奏 
招詞 詩篇2:10-11
讃美歌21 510「主よ、終わりまで」
主の祈り
使徒信条
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書12章1-8節 (新P191)※聖書朗読と説教 
説教 「香油を注がれた主」
聖歌  585「このみの生くるは」
聖餐式   讃21 81「主の食卓を囲み」
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷
後奏

聖書は「聖書 新共同訳」(©日本聖書協会)を用います。


礼拝後 定例役員会

----

続きを読む

「受難の予告」ヨハネによる福音書6章60-71節

2024年3月3日
牧師 武石晃正

 あなたは誰かを裏切ったという経験がありますか。生まれてからこのかた人を裏切るなど一度もないと胸を張ることができる人は本当に幸いなことです。
 逆に人に裏切られたということを数え上げようとすれば、もしかすると自分が誰かを裏切ったと記憶している回数よりも多くなるのではないでしょうか。事実その通りなのかもしれませんが、自分では仕方のない事情があったにせよ無意識に裏切ったり背を向けたりしていることもあるものです。

 裏切りと言えばイスカリオテのユダの名は裏切者の代表格として教会へ足を運んだことのない方にも知られているでしょう。果たして主イエスに背を向けたのはユダばかりだったのでしょうか。
 本日はヨハネによる福音書より「受難の予告」と題して読み進めて参りましょう。

PDF版はこちら
(引用は「聖書 新共同訳」を使用)

続きを読む

2024年3月3日礼拝プログラム

2024年3月3日 受難節第3主日礼拝
司会)江口兄 奏楽)正木姉 説教)武石師


前奏 
招詞 詩篇90:11-12
讃美歌21 471「勝利をのぞみ」
主の祈り
信仰告白
祈祷
聖書 ヨハネによる福音書6章60-71節 (新P176)※聖書朗読と説教 
説教 「受難の予告」
聖歌  157「われいのちを」
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷
後奏

聖書は「聖書 新共同訳」(©日本聖書協会)を用います。


礼拝後 ―

----

続きを読む

コンテンツ

お知らせ