緊急事態宣言を受けての宇都宮上町教会の対応のお知らせ

2020年4月に緊急事態宣言が全国的に発表され、宇都宮上町教会としても聖日礼拝を下記のことを覚えて継続して行います。
1)神の灯台としてこの世に建てられている教会の使命に立ち、魂の救いを求めて来られる方が起こされることを覚え、公の礼拝をいつも通りの時間に献げます。
2)司会者や受付等の奉仕当番はなくし、礼拝参加への自粛できるように図ります。
3)教師と一部の奉仕者だけでも礼拝を守れますので、心配しないで自宅での礼拝を、主の導きに従って選び取って下さい。

自宅から礼拝に加わる方法として、YouTube等による生配信を試みます。
取り急ぎ担任教師の個人名でYoutubeの配信チャンネルを設けました。

日曜日10:30より礼拝順序としてライブ配信を行う予定ですので、事前にチャンネル登録されるとよいかと思われます。

また礼拝式次第をホームページ上に掲載いたしますので、その日の礼拝説教聖書箇所や讃美歌・聖歌を開き、自分で静かに御言葉や歌詞を味わいながら、祈りのときを持つことができます。
礼拝での献金の機会がなくなりますが、主への感謝をそれぞれ表し、お手許に保管され後にまとめて献げていただくのも良いかと思います。

※この処置の適用期間は5月末までとしますが、事態の変化と共に変更の可能性があります。

 どこにあっても礼拝を共に捧げ、死をもって死に打ち勝たれた私達の主イエスを仰ぎ、死を命に変えられる御方の力と恵みに与れるようにと祈っています。

宇都宮上町教会
代務主任担任教師 横山基生、担任教師 武石晃正

コンテンツ

お知らせ