FC2ブログ

「無駄にならないように」ヨハネによる福音書6章1-15節

2024年2月11日
牧師 武石晃正

 クリスマスから始まる教会暦は降誕節第7主日を迎えました。降誕節の期間はイエス・キリストのお生まれから公生涯に至るまでを覚え、神である方が人となってこの世を歩んでくださった恵みを味わいます。
 子どもの頃を振り返りますと教会のクリスマスでケーキやプレゼントをもらって嬉しかったことを思い出します。しかしその次に覚えているのがイースター、降誕の後は間を飛ばして十字架と復活が来るのですからまるでキセルのようです。

 煙に巻かれたような信仰にならないためにも降誕節と受難節にイエス様の足取りをしっかりと辿りたいものです。本日もヨハネによる福音書を開き、「無駄にならないように」と題して主と弟子たちの姿を思い巡らせましょう。


PDF版はこちら
(引用は「聖書 新共同訳」を使用)

1.5000人に分けられたパン
 新約聖書の中にある4つの福音書はイエス・キリストと弟子たちの言行録であります。そのうちマタイ、マルコ、ルカの3つは共通する記述が多いのことから共観福音書と呼ばれています。
 ヨハネによる福音書は他の3福音書よりも後代に著されたものですが、年代が遅いというばかりでなく独自の視点や思想から記されています。ただし一般に「5000人の給食」「5つのパンと2匹の魚(五餅二魚)」と知られる奇跡だけは4つの福音書に共通しています。

 どの福音書を開いても概ね同じように記されておりますし、この話は何十回と聞いてきたので今さら読み返すまでもないという方もおられることでしょう。字句を逐一取り上げることはいたしませんが、見落としがないか確かめながら進めて参りましょう。
 ガリラヤ湖(1)はイスラエルの北部ガリラヤ地方にある湖です。「ティベリアス湖」あるいは「ゲネサレト湖」(ルカ5:1)と湖畔の町や平原に因んで呼ばれることもありました。

 「その後」(1)とありましても5章はエルサレムでの出来事ですから、ガリラヤ湖畔での奇跡とは直接に連続した話ではないようです。時間の上でも「ユダヤ人の祭り」(5:1)から「過越祭が近づいていた」(6:4)と隔たりが見られます。
 群衆が「イエスが病人たちになさったしるしを見た」(2)のはベトサイダの町でのことでした(ルカ9:10)。水をぶどう酒に変えた最初の奇跡はナタナエルという弟子にゆかりのあるカナで行われましたが、この度の出来事はフィリポの出身地(1:44)に端を発しています。

 神の国を説いては病人をいやしているうちに日が傾いて来たので、弟子たちがイエス様に申し出て群衆を解散させるように願いました(ルカ9:12)。そこでイエス様が「どこでパンを買えばよいだろうか」(5)とフィリポにお尋ねになったのは唐突にも見えますが、彼の地元が最寄りの町であることを思えば自然なやりとりです。
 「二百デナリオン分のパンでは足りないでしょう」(7)とのフィリポの答えはパンを買うよりもパン屋を買うことができるほどの金額です。そこへ「ここに大麦のパン五つと魚二匹とを持っている少年がいます」(9)と口をはさんだのは彼の隣町カファルナウムの漁師であるアンデレです。

 もし仮にパン屋を丸ごと買うことができるほどの大金が手元にあったとしても、民家もないような山の中ではパン切れや小魚ほどの役にも立たないということです。男だけで5000人ですので家族も合わせて10,000食以上も必要ですから、店ごとパンを買えるほどのお金があってもまさに「何の役にも立たないでしょう」。
 「人々を座らせなさい」とイエス様が弟子たちに命じた時、「そこには草がたくさん生えていた」ことはヨハネによる福音書だけの記述です(10)。過越祭が近づくのはパレスチナでは雨季の後半の時期ですので、これはその場にいた者だけが知り得る証言なのです。

 感謝の祈りを唱えてからイエス様はパンを裂き、弟子たちを介して人々に配られたことは他の福音書からも同じく語られるところです。人々が満腹して更に残ったパン屑を弟子たちが集めるにあたり、ヨハネによる福音書だけはイエス様が「少しも無駄にならないように」(12)と言い含めたことを記しています。
 5000人10000人という大人数が満腹するほどにパンが与えられたと言葉では信じることができても、実際の情景を思い浮かべることはできるでしょうか。「まさにこの人こそ、世に来られる預言者である」(14)と人々は天からのパンを与えたモーセの姿をイエス様の奇跡に重ねたわけですから、確かに彼らは「パンを食べて満腹した」(26)のです。


2.集められたパンの屑
 さて、この奇跡についてヨハネによる福音書だけに記されているのはフィリポとアンデレの名前です。先に広まっていた3つの福音書の話だけを聞きかじった者たちには名前ぐらいしか知られていない2人ですから、これを聞いた人々の耳はそばだったことでしょう。
 ところがこの2人は洗礼者ヨハネが捕らえられる前から既にイエス様の弟子だったのです。強いて言うならば他の福音書が記している初期のガリラヤ宣教が始まる以前から、この2人と目撃者である筆者はイエス様と密な関係にあったということです。

 この福音書が記された年代において教会の中に教えの風が吹き荒れており、イエス・キリストの福音がずたずたにされそうでした。最初から主とともにいた弟子が実際に見聞きした真実であることを示すように、当時ほとんど誰にも知られていなかった当初の弟子たちについて述べられております。
 フィリポは勘定が早い人だったようで、イエス様に問われてすぐに200デナリオンという金額を出すことができました。大金があってもパンを買うことができないと分かっているのですから、これは「無理です、やめましょう」という答えではなく「主よ、あなたには何かできるのではないでしょうか」という期待のようにも読み取れます。

 割って入ったアンデレがもし本気で少年のパン切れと小魚を提示したのであれば、それはイエス様への答えというよりもフィリポに対する当てつけのようになってしまいます。この2人の受け答えの共通点は自分たちには手に負えないけれどイエス様なら何とかなさるという期待と信頼です。
 実にフィリポとアンデレはイエス様が行われた「最初のしるし」(2:11)を体験しているのです。3つの福音書しか知らない者たちはカナの婚礼の出来事も知り得ませんが、フィリポとアンデレ(そしてナタナエルとペトロ)は汲まれた水をイエス様がぶどう酒に変えられたことを見て聞いて味わっています。

 ですから結果がどうなるかは分からなくとも、この2人には水を汲んで来いと命じられれば汲みに行くぐらいの心備えはあったでしょう。水でなければ石でも集めて参りましょうか、このパンと魚ではいかがでしょうか、そのような期待感が伺えます。
 主は差し出された大麦のパンを受け取られ、感謝の祈りを唱えました。時は過越祭が近づく最中、ガリラヤの山において主は「パンを取り、感謝の祈りをささげてそれを裂き」(1コリント11:23-24)、弟子たちに与えられました。
主がカナにおいて多くの人のためにぶどう酒を与え、この山において自らパンを裂かれたことが示されます。聖餐はこの後3度目の過越において制定されることになりますが、

 キリストが死なれたので弟子たちが遺志を継いだというのではなく、主はガリラヤにおられたころからご自身が遣わされた目的のうちに計画しておられたのです。
 聖餐においてパンが配られるにあたり、キリストの体が裂かれ今も痛みを負っておられることを覚えます。一人も滅びることのないように「残ったパンの屑を集めなさい」と主は命じられているのです。

 ある者たちは自分たちの腹を満たすためにキリストを掲げようしましたが、主は彼らを集めようとはなさいませんでした。「残ったパンの屑を集めなさい」と命じられ、御言葉に従った弟子たちだけが各々の籠を良いもので満たしていただきました。
 

<結び>
 「人々が満腹したとき、イエスは弟子たちに、『少しも無駄にならないように、残ったパンの屑を集めなさい』と言われた。」(6:12)

 多くの者たちが腹を満たして満足したころに主は弟子たちに働きを再び委ねられました。遣わされた弟子たちの籠、彼らが備えていた器を主はめいめいに満たされました。
 パンを食べて満腹した者たちは更なる欲を満たすために主を王として担ぎ上げようとしました。しかし「それはみな、異邦人が切に求めているものだ」(マタイ6:32)と説かれる主は、目に見える働きや成果を求める者を群衆として御前から散らされます(マタイ14:22)。

 今週の水曜日から教会暦は四旬節(レント)に入り、受難節を迎えます。「わたしが命のパンである」(6:35)と言われた方がご自身の体を裂いて教会に与えられたことを覚えます。
 教会が主の聖餐の恵みに与る時、一人ひとりが自分をよく確かめてパンを食べます(1コリント11:24)。神の口から出る一つ一つの言葉が主のもとにむなしく戻ることがないように(イザヤ55:11)、主はパンと杯にあずかる者を「無駄にならないように」一人も滅びることのないように集められます。

 「わたしをお遣わしになった方の御心とは、わたしに与えてくださった人を一人も失わないで、終わりの日に復活させることである。」(ヨハネ3:39)

コンテンツ

お知らせ