「聖霊に従う生き方」ヨハネによる福音書8章3-11節

2020年8月30日
担任教師 武石晃正

 「キリスト教」ってなぁに?と幼い子どもに聞かれたとして、皆さんは何と答えますか。本当に小さなお子さんであればキリスト教という言葉自体も知らないかと思われますので、小学生や中学生としましょうか。
 辞書を引いてそこに示されている定義を告げることもできるでしょうけれど、それはあくまでも文字の上での意味に過ぎません。私たちが信じているキリスト教というものを言い当ててはいないかも知れません。正確ではなくとも自分の言葉で言い表すことはできますでしょうか。

 ある方は「イエス・キリストを神と信じ、その教えに従うこと」だと答えるかもしれませんし、別の方は「キリストという概念を中心に体系立てられた、聖書に基づく生き方を教えること」と考えるかもしれません。キリストを神と信じ心から愛するのか、聖書の言葉を格言としキリストを道徳的な理想像として掲げるのか、いずれも「キリスト教」の一面ではありますが受け止め方が随分と違うような気がいたします。
 同じ聖書の言葉を取り上げたとしても、それによって人を生かすも殺すも用い方ひとつにかかってくるわけです。「文字は殺しますが、霊は生かします」(第二コリント3:6)との使徒パウロの言葉を念頭に置きながら、ヨハネによる福音書を読み進めたいと思います。

PDF版はこちら
聖書朗読と説教は礼拝後にこちらへ公開します。

続きを読む

2020年08月30日礼拝プログラム

2020年8月30日 聖霊降臨節第14主日礼拝
司会)正木姉 奏楽)矢嶋姉 説教)武石師

前奏
招詞 詩編87:6-7
讃美 讃美歌21 481「救い主イエスの」1-2節
主の祈り
信仰告白
讃美 讃美歌21 481「救い主イエスの」3-4節
聖書 ヨハネによる福音書8:3-11 (新約P180)
説教「聖霊に従う生き方」
聖歌 590「救い主イェスと」1-2節
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷

聖書は新共同訳を用います。
(録画を順次公開します)

続きを読む

「神からの真理」ヨハネによる福音書7章40-52節

2020年8月23日
担任教師 武石晃正

 先ほど教会学校の生徒さんから聞いたのですが、まだ8月の半ばというのに今年はもう夏休みが終わってしまったそうです。あまりにも短くて、気の毒なようで申し訳ないような思いがいたします。同時にコロナ禍の影響とは申しましても、日本の教育水準の高さに改めて驚きを覚えます。
 学生時代に教員を目指した中で、教育基本法というものに触れました。先日たまたま文科省のホームページを開いたところ、その前文に「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び」と掲げられているのを見つけました。また、第二条では教育の目標としてその一部に「真理を求める態度を養い」と定められています。この国は戦後の改正から70年余りもの年月をかけて、真理を求め続けてきたことになるわけです。
果たしてその真理とは何でしょうか、皆さんはどのような真理を学んでこられましたか。本日は日本国の教育ではなく、神の国の真理について聖書のことばから考えて参りましょう。


PDF版はこちら
聖書朗読と説教は礼拝後にこちらへ公開します。

続きを読む

2020年08月23日礼拝プログラム

2020年8月23日 聖霊降臨節第13主日礼拝
司会)國吉姉 奏楽)正木姉 説教)武石師

前奏
招詞 ヨブ28:23-24
讃美 讃美歌21 18「心を高く上げよ!」1-2節
主の祈り
信仰告白
讃美 讃美歌21 18「心を高く上げよ!」3-4節
聖書 ヨハネによる福音書7:1-17 (新約P177)
説教「神からの真理」
聖歌 593「ああめぐみ!」1-2節
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷

聖書は新共同訳を用います。
(録画を順次公開します)

続きを読む

「信仰による勝利」ヨハネによる福音書7章1-17節

2020年8月16日
担任教師 武石晃正

 本日は「信仰による勝利」と題させていただいておりますが、ところで信仰とはいったい何であると言えましょうか。日本には「鰯の頭も信心から」という慣用句がございます。つまらないものだとしても信心によって非常に尊く見えるという意味だそうです。
 しかし聖書が教える信仰は、この信心と同じようなものなのでしょうか。もし同じだとすればゴルゴタの十字架に磔(はりつけ)にされたイエス様が、柊の枝に刺して玄関先に吊るされた鰯の頭と何ら変わらないというようなものです。
 まず初めに信仰とは何かを思いめぐらせてから、福音書を通して「信仰の勝利」について考えていきたいと思います。


PDF版はこちら
聖書朗読と説教は礼拝後にこちらへ公開します。

続きを読む

2020年08月16日礼拝プログラム

2020年8月16日 聖霊降臨節第12主日礼拝
司会)國吉兄 奏楽)江口兄 説教)武石師

前奏
招詞 詩編146:1
讃美 讃美歌21 495「しずけき祈りの」1-2節
主の祈り
信仰告白
讃美 讃美歌21 495「しずけき祈りの」3節
聖書 ヨハネによる福音書7:1-17 (新約P177)
説教「信仰による勝利」
聖歌 406「むねのおくに」1-2節
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷

聖書は新共同訳を用います。
(録画を順次公開します)

続きを読む

「天から降ったパン」ヨハネによる福音書6章41-59節

2020年8月9日
担任教師 武石晃正

 幼い頃、外に落ちている物を拾って食べちゃダメよ、と言い聞かせられたことはおありでしょうか。最近の子どもたちは拾い食いなどしないのかも知れません。
 かつて、今から3000年以上も昔のことですが、神の民イスラエルがエジプトから脱出し、荒れ野を旅していた時の話です。神様は彼らを養うために、マンナと呼ばれる白くて甘いせんべい菓子のようなものを毎日毎日天から降らせてくださいました。イスラエルの人たちは毎朝毎朝外に出て、地面に落ちている物を集めて食べたのです。
 家族を養うことをしばしば「食べさせる」という言い回しで表現されます。親が子どもに食事を与えて育むという意味でありますが、食べ物のことだけ考えているわけではありません。衣食住はもとより、心を育み生きていく力を養うこと、大人になるまであらゆる方向から成長を支えることでしょう。
 人間の親でさえ子どもにこれほどまで心を砕くのですから、主なる神様はどれほどの思いでご自分の民を養おうとされているのでしょうか。詩編のある個所には「味わい、見よ。主の恵み深さを」 (詩34:9)と謳われています。今日は「天から降ったパン」と題しておりますが、主の恵み深さをご一緒に味わい知ることができれば幸いです。

PDF版はこちら
聖書朗読と説教は礼拝後にこちらへ公開します。

続きを読む

2020年08月09日礼拝プログラム

2020年8月9日 聖霊降臨節第11主日礼拝
司会)江口兄 奏楽)正木姉 説教)武石師

前奏
招詞 詩編78:23-25
讃美 讃美歌21 206「七日の旅路」1-2節
主の祈り
信仰告白
讃美 讃美歌21 206「七日の旅路」3-4節
聖書 ヨハネによる福音書6:41-59  (P.176)
説教「天から降ったパン」
聖歌 606「すくいぬしにましませど」1-2節
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷

聖書は新共同訳を用います。
(録画を順次公開します)

続きを読む

2020年8月2日礼拝プログラム

2020年8月2日 聖霊降臨節第10主日礼拝
司会)武石師 奏楽)正木姉 説教)横山師

前奏
招詞 詩編118:22-25
讃美 讃美歌21 507「主に従うことは」1-2節
主の祈り
信仰告白
讃美 讃美歌21 507「主に従うことは」3節
聖書 ルカによる福音書5:27-32 (新約P111)
説教 「わたしに従いなさい」
聖歌 581「したいまつる主の」1-2節
献金
頌栄 讃美歌21 29番「天の御民も」
祝祷

聖書は新共同訳を用います。
(録画を順次公開します)

続きを読む

コンテンツ

お知らせ